私たちは、「0から1を創り続ける」に共感し、かつ「楽しく」「わくわくする」「好きなこと」を仕事にしているメンバーの集まりです。
※現在鋭意各メンバーコンテンツを作成中です。随時更新していきます。

ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်

YUUKI KATSURAGAWA

ミャンマー担当桂川 融己

トレジャーコンテンツに出会うまで

日本生命で総合職として8年弱働いた後に退職し、2014年1月からミャンマー滞在。現地の人材紹介会社で2年勤務の後、フリーランスに転身。ビジネス誌の制作にライター兼編集者として関わり、ミャンマーでマーケティング支援なども展開。
代表の小林さんとは「ミャンマー」をキーワードに、共通の友人からの紹介で知り合い、出会った初日から家に泊めてもらう。その後、意気投合しミャンマー事業を一緒に行うことに。

業務内容

トレジャーコンテンツのミャンマー事業立ち上げを現地にて行う。情報収集、マーケティング、ミャンマー人との打ち合わせ、日本からの人脈のキャッチアップなど、ミャンマーを知り、ミャンマーに住んでいる私だからこそできることを担当。

仕事だからこそ、楽しみたい。

トレジャーコンテンツについて

最初に感じたことは、自由度が高そう、魅力的なメンバーが揃っている、なんだか面白いことができそう、ということ。だけど、得体の知れない集団(笑)それぞれのメンバーがプロフェッショナル。一緒にスタートしてみて感じたことも同じ。つまりは、無限の可能性を秘めた集団。

合流を決めた理由

ミャンマーで何かをしようとしている、なんだかわからないけれど、面白そうな人(小林さん)がいて、紹介されたメンバーもみんな魅力的。
「一緒に何か面白い事ができそう」との想いで手伝っていたら、メンバーにお声掛けいただきました。素敵なメンバーと共に、ミャンマーという魅力的な地を舞台に面白い事をしよう、と即決しました。

YUUKI KATSURAGAWA

プライベートは何してる?

冬は雪合戦(歴 10年以上)。ミャンマーでは当然できないので、冬の一時帰国時は、必ず雪合戦練習の機会を設けています。地元の飛騨が好きで、年に1ヶ月以上は飛騨に滞在。
他には、新しいことが好きで、旅が好き(東南アジアはほぼ制覇)、本が好き、人と喋ってるのが好き。田舎も好き。

未来の仲間に一言

社風というか雰囲気が合う、合わないははっきりしたチームだと思います(笑)またプロとしての仕事が求められますが、その分色々な関わり方ができるのがトレジャーコンテンツ。間違いなく面白いです!

事業改革のご相談はこちら

お問い合わせ・ご依頼